今日もご訪問ありがとうございます。

不妊カウンセラーの石川珠美です。

AMHが低くて悩んでいらっしゃる方が多いので、何度もAMHについては投稿させて頂いています。

教科書的にAMHとは・・・

抗ミュラー管ホルモン(AMH)はミュラー管抑制因子(Mullerian Inhibiting Substance:MIS)とも呼ばれ、生殖系に関わるホルモンの一種である。

女性においては、子宮の顆粒膜細胞より分泌され、一般に男性と比較し分泌量が低い。成人女性では加齢により減少し、閉経期よりほとんど分泌されなくなるが、これはAMHの主要な分泌源である前胞状卵胞の消失によるものといわれている。

女性の卵は原始卵胞→発育卵胞→前胞状卵胞→胞状卵胞→成熟卵胞というスケジュールで成熟化していく。原始細胞が成熟を始めるとAMHを分泌するため、そのAMH値は発育細胞の数を推定するために有用と考えられているが、必ずしも妊孕可能な細胞数を反映している訳ではないことに注意すべきである。

と書かれています。

このままだと、ちょっとわかりにくいですね(^^;)

簡単に言うと、

AMHは、「卵巣に残っている卵子の数の指標」と言われています。

低いと言われると
もう卵巣が老化していて妊娠出来ないのでは…と焦ってしまいます。

所が実際は、AMHは低くても妊娠している方もいらっしゃるし、

卵の残数というなら、必ず減っていかないといけないはずなのに、増える方もいらっしゃる、というのが事実、起こっています。

過去に投稿したこちらのブログもわかりやすいと思うので、こちらも参考に見てみて下さい。

AMHが漢方で改善された

身体は、手をかけたように変化していきます。

若返ることは無いですが、年齢相応の働きを保つことは可能です。

そこの部分を応援したいと思って今日もカウンセリングを続けています(^-^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎とちの木薬局公式HP

◎zoomのオンライン相談も行っています。無料相談の予約は24時間受付・日本全国zoomで対応可能

【zoomオンライン相談の流れ】

◎たくさんのお客様の声

◎とちの木薬局アクセス
JR八王子南口から徒歩1分です
京王線でお越しの方は、JR八王子駅に向かって下さい。
(京王八王子とJR八王子は少し離れています。徒歩5分くらい)

◎スタッフ紹介

◎よくあるご質問
お客様から多く寄せられる質問に答えています。

◎たま先生の「たまブログ」
不妊・養生・ダイエットなどの情報を発信中

◎Twitter
情報を発信しています。

◎Instagram

◎とちの木薬局Facebook

【漢方カウンセリングのご予約はこちらから】
初めての方は、「初めてご来店の方」をクリックしてご予約に進んでください。

mailmaga_top




メールアドレス



qrとちの木薬局のメール会員登録はこちらから!
身体と心の健康に役立つ情報を配信中!
こちらのQRコードを読み取って空メールを送って頂くか、
total-tama@e-tamami.jp
に件名にお名前を入れて空メールを送るだけで
登録ができます♪


webで予約する


メールでのお問い合わせはこちら
tell_banner
詳しくは、こちら