今日もご訪問ありがとうございます。

不妊カウンセラーの石川珠美です。

2人目や3人目不妊の相談にのっていると、共通しているある事に気がつきます。

「血虚」の方が多いのです。

※血虚については、別なブログで紹介していますので、そちらをご参考に

血虚と貧血の違い

もともと血虚気味くらいの体質の方が、出産をはさむと

出産で出血もあり、授乳もあり、寝不足が続き・・・、夢中で子育てをし続けてしまうので、血が不足するほうばかりに偏り、一気に「血虚」が進みます。

そして共通しているもう一つの部分は、「血虚」の方は陣痛時間が長い方が多いという所です。

血虚体質の方は、血の量が少ない体質なので、陣痛の時に必要なホルモンのお届け量も少なくなっているのだと思います。だから微弱陣痛になり、出産時間が長くなりがちで、自分もお産がしんどくなり、赤ちゃんもしんどいお産になってしまうのです。

陣痛が微弱なので、吸引分娩にになっている方も多く、その後の授乳もあんまりおっぱいが出なかった、と言う方も多いのです。産後の出血も貧血もひどかった、という方も少なくないです。

1人目のお産が大変だと、次にまた産みたい!と思うまでが時間がかかったりしてしまう事にもつながっていきます。

安全に出産するためには、まず自分の体質を知る事。

血虚体質なのであれば、微弱陣痛になりやすいわけですから、妊娠中から補血をして身体を作っていって産むほうが安全です。補血をしていたほうが、出産後の子宮や卵巣の回復も良いです。妊娠中に飲める漢方やサプリは多くはないですが、いくつかあります。

私も初めての妊娠の時は、”妊娠中は何も飲んではいけない!”と思っていたので、何も飲まずに出産を迎え産後も何もせずに子育てに没頭していたので、血虚となり2人目ができない状況となってしまいました。

その後、漢方を学ぶことで、身体の養生法がわかってきたので、4人目の出産の時にはご褒美だと思って、ばっちり漢方もサプリものんで出産に臨みました。

私個人の体感ではありますが、年齢は1人目のときから11歳あがっての出産でしたが、1人目の産後より身体の芯が戻ってくるような感じがしっかりあって高齢出産のわりにラクかも・・・という経験をしています。

出産は人生でも何度も無い事ですから、適切に補って安全に産んで欲しいと思っています。

特に高齢出産になる方は、適切にアドバイスを受けて身体を作っていって出産されたほうが良いと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎とちの木薬局公式HP

◎zoomのオンライン相談も行っています。無料相談の予約は24時間受付・日本全国zoomで対応可能

【zoomオンライン相談の流れ】

◎たくさんのお客様の声

◎とちの木薬局アクセス
JR八王子南口から徒歩1分です
京王線でお越しの方は、JR八王子駅に向かって下さい。
(京王八王子とJR八王子は少し離れています。徒歩5分くらい)

◎スタッフ紹介

◎よくあるご質問
お客様から多く寄せられる質問に答えています。

◎たま先生の「たまブログ」
不妊・養生・ダイエットなどの情報を発信中

◎Twitter
情報を発信しています。

◎Instagram

◎とちの木薬局Facebook

【漢方カウンセリングのご予約はこちらから】
初めての方は、「初めてご来店の方」をクリックしてご予約に進んでください

mailmaga_top




メールアドレス



qrとちの木薬局のメール会員登録はこちらから!
身体と心の健康に役立つ情報を配信中!
こちらのQRコードを読み取って空メールを送って頂くか、
total-tama@e-tamami.jp
に件名にお名前を入れて空メールを送るだけで
登録ができます♪


webで予約する


メールでのお問い合わせはこちら
tell_banner
詳しくは、こちら