今日もご訪問ありがとうございます(^。^)

不妊カウンセラーの石川珠美です

先日、東京で漢方の不妊相談をしている先生達が集まって、不妊症の症例検討会がありました。

その後の勉強会で興味深い話があったのでご紹介します。

病院で不妊治療をしている時に

「卵を育てるお薬です」と言われて、ホルモン剤が出されている方がいると思います。

それはどこに効いているのかと言うと、前胞状卵胞からその先の卵胞です。

ここはホルモン依存性です。

図でGn依存性と書いてある部分です

つまりホルモン剤を飲む事で反応する部分がここです。

でも120日かけて原始卵胞から前胞状卵胞までは、どうにも出来ないのが今の医療の現状です。

中国の大学の研究で

この原始卵胞の初期の部分のホルモン値が

ある補腎の漢方薬で増加する、という発表があったそうです。

高齢出産になってくると、卵が取れなくて悩んでいる方が多いです。

低温期に卵は育ちます。

低温期に合った補腎の漢方薬で「育卵」をしていくと

可能性が広がります。

その裏付けを中国の大学でしていたんですね。

カウンセリングの現場には、嬉しい情報です。

私も日々のカウンセリングの中で

補腎薬とオイスターの活性酸素除去の効果で

卵子が元気になると実感しています。

若返る事は出来ませんが、

年齢相応の身体の働きに近づける事は可能だと考えて、日々実践しています(^。^)

mailmaga_top




メールアドレス



qrとちの木薬局のメール会員登録はこちらから!
身体と心の健康に役立つ情報を配信中!
こちらのQRコードを読み取って空メールを送って頂くか、
total-tama@e-tamami.jp
に件名にお名前を入れて空メールを送るだけで
登録ができます♪


webで予約する


メールでのお問い合わせはこちら
tell_banner