今日もご訪問ありがとうございます。

 

不妊カウンセラーの石川珠美です

 

先日、病院の薬と漢方を併用していると

ホルモン分泌が活発になって、出過ぎてしまうんじゃないか?

という心配をされている方がいたので、

そのお答えを、ブログでもシェアしますね(^-^)

 

基本的に身体の中のホルモンの量というのは、一定量が保たれています。

もし、ホルモン剤で50%補われているとしたら、

自力で出すホルモンの量は、50%になります。

ホルモン剤の無い周期であれば、自力で100%出さなければいけないわけです。

血の力があまり無いと、

ホルモン剤がいきなりなくなった時に、自力で調整する力が無いために

生理が大幅に遅れたり、高温期が出来ずに生理が来てしまったりします。

ホルモンが出過ぎてオーバーしてしまう、という事は無いのです。

調整する力が無いことのほうが状況としては良くないです。

だから、病院のお薬と併用して、血の力をつける漢方薬を一緒に飲んだほうがいいですよ。

と説明しています。

もちろん胃が弱い方は、無理してはいけません。

専門の方にご相談したほうが良いです(^-^)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、あまり外に出れないと思うので、

zoomでオンライン相談もやっています

zoomオンライン相談の流れ

 

よかったらぜひこちらもみて下さいね!

とちの木薬局ホームページ

mailmaga_top




メールアドレス



qrとちの木薬局のメール会員登録はこちらから!
身体と心の健康に役立つ情報を配信中!
こちらのQRコードを読み取って空メールを送って頂くか、
total-tama@e-tamami.jp
に件名にお名前を入れて空メールを送るだけで
登録ができます♪


webで予約する


メールでのお問い合わせはこちら
tell_banner
詳しくは、こちら