今日も、ご訪問ありがとうございます(^-^)

 

 

 

振り返ってみると

先月は、2人目不妊で来ていた人の妊娠の報告が続き嬉しい月でした

 

 

今回、お話しを聞いていて思ったのは、

 

病院に行って診てもらってるのに、

2人目だからなのか

不妊専門じゃない所で診てもらってるので、

全体的に

症状に対しての対策が甘いと感じた事です。

他の薬局で漢方を飲んでいたという方もいらっしゃいました

 

 

私、漢方と言っても、けっこう攻めていく感じなんですよ

実は・・・

だから薬局に来た方のお話しを聞いてると

アプローチが甘くて、だいぶ時間をロスしているなぁと思う事たびたびあります

 

 

例えばパニック障害が過去にあった、という体質に対してのアプローチが無かったり

プロラクチンが高い、と言われてるのにプロラクチンを下げる薬が出ていない、とか

流産を繰り返している、という方への体質のアプローチが無かったり、とか

もちろん体外受精をされている方もいるので、

胚盤胞まで育たなくなっている、と聞いた時の低温期へのアプローチ、とか

胚盤胞にはなるけど、着床しない、という方への内膜のアプローチが無い、とか

 

 

問題になっている所へのアプローチが弱いと

なかなか赤ちゃんには会えないのです。

2人目不妊の方は、特に一人目との差がどんどん広がっていくので、「できるだけ早く」という想いが特に強いと思うのです

 

だから私は、ダイレクトに赤ちゃんに近づけるように、漢方薬のアドバイスをしようと常に思ってアプローチをし続けるわけです(^-^)

 

 

今の所、11月中に2人目の妊娠がわかった方達は漢方を飲み始めて

1ヶ月〜3ヶ月で授かってます!

ちなみに、34〜42歳の方たちです

 

 

 

2人目の不妊は、1人産んだ後のダメージが戻せてない事もあるし、

自分の年齢も上がっているので、

漢方による身体の底上げは、とても有効と私は思いますよ~!

 

 

 

mailmaga_top




メールアドレス



qrとちの木薬局のメール会員登録はこちらから!
身体と心の健康に役立つ情報を配信中!
こちらのQRコードを読み取って空メールを送って頂くか、
total-tama@e-tamami.jp
に件名にお名前を入れて空メールを送るだけで
登録ができます♪


webで予約する


メールでのお問い合わせはこちら
tell_banner
詳しくは、こちら