今日もご訪問ありがとうございます。

 

不妊カウンセラーの石川珠美です

 

毎日カウンセリングをしていると、けっこうな確率で

体外受精して10週目で流産をしている人に出会います。

これは、妊娠して不妊治療の病院を卒業して、普通の産院に移ってください、と言われるタイミングです。

体外受精をして妊娠した場合、移植後にホルモン剤が出ている人が多いと思います。

ところが、10週からは、赤ちゃんに奇形が出る可能性がある、という事で

ホルモン剤を病院では出さなくなります。

そこから後は、自力でホルモンを分泌して、胎盤を形成していかなければならないのです。

血の力があれば、ホルモン剤が無くなった時点で、自分から分泌して補えますが、

血の力が充分に無いと、ホルモン剤で底上げしていた分が下がってしまうので、

出血して流産という事になってしまいます。

赤ちゃんは、ホルモン剤では産めないのです。

一番大切なことは、自分の血の力をつけること。

病院の治療と併用で、「補血」をしてください。

血の量が豊かにあることが出産までつながります(^-^)

私は、漢方を勉強してきているので

漢方の補血薬を知ることが出来て本当に良かったと思っています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、外に出れないと思うので、

zoomでオンライン相談もやっています

zoomオンライン相談の流れ

 

よかったらぜひこちらもみて下さいね!

とちの木薬局ホームページ

mailmaga_top




メールアドレス



qrとちの木薬局のメール会員登録はこちらから!
身体と心の健康に役立つ情報を配信中!
こちらのQRコードを読み取って空メールを送って頂くか、
total-tama@e-tamami.jp
に件名にお名前を入れて空メールを送るだけで
登録ができます♪


webで予約する


メールでのお問い合わせはこちら
tell_banner
詳しくは、こちら