今日もご訪問頂きありがとうございます。

 

 

不妊カウンセラーの石川珠美です。

 

 

 

昨日、さっそく

下記の情報を得た方が、今のうちにできる事をと思って、

身体作りをしておきたい、という希望でカウンセリングに来店されました。

【日本生殖医学会の発表  R2.4.1付け】

日本生殖医学会は4月1日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、不妊治療の延期を選択肢として患者に提示するよう推奨する声明を発表した。
声明では、具体的に「人工授精、体外受精・胚移植、生殖外科手術などの治療に関しては、延期が可能なものについては延期を考慮」するよう求めた。

声明では、妊婦が感染した場合に重症になる可能性があるほか、感染患者に試験的に投与されている薬の中には妊婦に使えない薬があることを指摘。不妊治療のための受診や医療行為に関連して感染が起きる恐れについても、懸念を示した。

 

要点は以上。

 

 

つまり、もしコロナにかかったとしても、妊婦には使える薬が無いので、生殖医療を延期して下さい、という内容です。

 

 

 

先週まで、コロナちゃんの影響はほとんど関係なく行っていた不妊治療も変化を余儀なく迫られています。

 

しかし、卵巣機能が低下している、とか

高齢出産になる方などには、

リスクを説明したうえで

状況に合わせて対応していく、という病院がほとんどになるようです。

 

先日いらした方は、発表後の受診でしたが、町田の不妊治療の専門クリニックでは、

採卵は変わらずしていきます、という方針だったそうです。

(もちろん、凍結しますが)

 

 

 

 

東京の加藤レディースクリニックのホームページを見ると

採卵、肺移植、検査周期だった方たちに

飲んでいるお薬を中止してください。

とご案内が出ていますね。

出てしまっているお薬に関しては、自己負担となっているようです。

 

 

 

 

 

その人その人によって対応が違うと思いますので、

今の段階で絶望せずに、

きちんと病院に自分の場合はどうなのか?

確認すると良いと思います。

今のうちに出来ることをやっていきましょう!

がんばって!!!

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

薬局に来ることは出来なくても、zoom相談というテレビ電話相談のような相談方法もあるので

この際、ぜひお試しくださいね!

こちらに詳しく書きましたので、合わせてご覧ください。

https://wp.me/p72QLL-1FL

 

 

 

mailmaga_top




メールアドレス



qrとちの木薬局のメール会員登録はこちらから!
身体と心の健康に役立つ情報を配信中!
こちらのQRコードを読み取って空メールを送って頂くか、
total-tama@e-tamami.jp
に件名にお名前を入れて空メールを送るだけで
登録ができます♪


webで予約する


メールでのお問い合わせはこちら
tell_banner
詳しくは、こちら