今日もご訪問ありがとうございます。

不妊カウンセラーの石川珠美です。

今、EMMA検査(子宮内膜に存在する最近の種類と量を調べる検査)をしている方が多くなっていますね。

子宮内膜内に乳酸菌の中のラクトバチルス属が多いと妊娠しやすいという事で、それが少ない方は「ラクトフェリン」を飲んでいる方が多いです。

この検査が始まった頃から、この部分がずっと腑に落ちなかったので、ここの所いろいろ調べてみました。

ラクトバチルス属乳酸菌と妊娠の関係について

よく知られる乳酸菌とは、糖を分解して乳酸を産生する細菌の総称です。

その乳酸菌群の中でも代表的なのがラクトバチルス属。(「乳酸桿菌」と一般に呼ばれる場合にはラクトバチルス属をさしていることが多いです)
子宮内の細菌叢(子宮内フローラ)は、90%以上をラクトバチルス属が占めている女性は、そうでない女性に比べて妊娠率が大幅に高くなることが分かっています。
なので、腟座薬を用いて腟内のラクトバチルス属を増やすのが最も効果的と言われています。

直接患部に入れるのがそれは一番効果的と思います。

ところが・・・

ラクトフェリンというサプリを出されている方が多いのです。

そのラクトフェリンとは何なのでしょう?

ラクトフェリンとは?
ラクトバチルス属乳酸菌とラクトフェリンは、両方とも腸・腟・子宮内の細菌の環境を整えるという効果を期待して利用されていますが、この両者は全く違うものです。ラクトバチルス属は細菌そのものの種類のことであり、ラクトフェリンは細菌の活動に影響を与える鉄結合性タンパク質の事なのです。
ラクトフェリンとは、母乳や子宮頸管粘液に含まれるタンパク質で、鉄と結合することにより悪玉菌の増殖を押さるという働きです。

ラクトバチルス属は増殖に鉄を必要としないためラクトフェリンを飲んだ結果、結果的にラクトバチルス属だけが体内で増殖し、腸内・腟内の常在細菌が改善する、という働きになります。
ラクトフェリンはラクトバチルス属を直接増やす作用はないため、子宮内では十分には発揮されない場合もあります。

そう、著効ではないんです。

何人かの営業の方に確認したのですが、EMMA検査はやるけど、その後に良くなったかどうかを確かめるためにもう一度検査をする人はいないので、良くなっているかどうかのデータは無さそうなんです。

子宮内フローラを良くしたいならやっぱり「腸活」!
あまり子宮内フローラ検査の結果が良くならないという方に乳酸菌サプリメントを飲んで頂いて効果が高かったという結果が実は出ています。ラクトフェリンよりも乳酸菌で腸活したほうが良さそうです(^-^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とちの木薬局でも扱っている乳酸菌サプリがあったのですが、今までそんなに大事だと認識していなかったので、おすすめしていませんでした。

いろいろな乳酸菌が売られていますが、私はここのメーカーのものが好きです。

「菌を補給する」と言う考え方じゃなくて、「今ある菌を元気にする」という考え方の商品なんです。

1包に3000億個(ヨーグルト30㍑)相当の乳酸菌配合

って、すごくないですか?(^-^)

それで30包で3000円(税別)

こんな商品です

乳酸菌サプリを選ぶ時の参考にしてみて下さいね~!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎とちの木薬局公式HP

◎zoomのオンライン相談も行っています。無料相談の予約は24時間受付・日本全国zoomで対応可能

【zoomオンライン相談の流れ】

◎たくさんのお客様の声

◎とちの木薬局アクセス
JR八王子南口から徒歩1分です
京王線でお越しの方は、JR八王子駅に向かって下さい。
(京王八王子とJR八王子は少し離れています。徒歩5分くらい)

◎スタッフ紹介

◎よくあるご質問
お客様から多く寄せられる質問に答えています。

◎たま先生の「たまブログ」
不妊・養生・ダイエットなどの情報を発信中

◎Twitter
情報を発信しています。

◎とちの木薬局公式Instagram

とちの木薬局公式インスタで不妊情報発信しています!

◎とちの木薬局Facebook

【漢方カウンセリングのご予約はこちらから】
初めての方は、「初めてご来店の方」をクリックしてご予約に進んでください。

mailmaga_top




メールアドレス



qrとちの木薬局のメール会員登録はこちらから!
身体と心の健康に役立つ情報を配信中!
こちらのQRコードを読み取って空メールを送って頂くか、
total-tama@e-tamami.jp
に件名にお名前を入れて空メールを送るだけで
登録ができます♪


webで予約する


メールでのお問い合わせはこちら
tell_banner
詳しくは、こちら