今日もご訪問ありがとうございます(^-^)

不妊カウンセラーの石川珠美です

産後の養生の大切さは、何度も伝えたい内容の一つです

それは、痛恨の想いのある方がいらっしゃるからです。

以前に不妊相談で来ていた方で

体外受精を何度かして、やっと赤ちゃんを産むことが出来た方がいました

喜んだのもつかの間、産後2ヶ月くらいして

ご主人から連絡があり、

産後うつみたいで、「もう私には無理」と言って育てようとしないで、赤ん坊が泣いてもぼーっとしているんです!

と。

お電話で話しても、以前の彼女とまるで違っていました

その後、一歳近くなるまで、おばあちゃんとご主人で大変苦労して育てる事になりました。

その時に、もっともっと彼女に妊娠中から、産後養生の話しをしておけばよかった!と心から悔やんだものでした

もともと彼女は、「血虚」の体質。

出産は、女性の身体には、とても負荷のかかる事です

出産時の出血があり

産後も悪露が続き

しかも授乳が始まり

寝不足。

ぜーんぶ血が少なくなるほうに向かっています

血虚の人は、もともと血の量が少ない体質なので

寝たり食べたりの普通の養生では

全然足りないのです!!!

身体の回復する力がない時に

赤ちゃんが泣いてると

「あ〜また泣いてる」

とうんざりしてしまいます。

初めての子だと、どうやっても泣いてしまうと途方に暮れてしまいます

「もう無理」

と。

こうして産後うつになっていってしまいます。

身体が元気であれば

赤ちゃんが泣いても、頭が働きます。

可愛いと思うはずです。

だから、産後のママの身体の回復は

子育てを左右します

不妊治療をしている方は

高齢出産になる方が多いと思います

漢方を上手に使って

妊娠中から産むための身体を作っていき

産後も、がんばった子宮を回復させるために養生をする

そんな知恵が大切だと思います(^-^)

mailmaga_top




メールアドレス



qrとちの木薬局のメール会員登録はこちらから!
身体と心の健康に役立つ情報を配信中!
こちらのQRコードを読み取って空メールを送って頂くか、
total-tama@e-tamami.jp
に件名にお名前を入れて空メールを送るだけで
登録ができます♪


webで予約する


メールでのお問い合わせはこちら
tell_banner