今日もご訪問ありがとうございます(^-^)

 

 

不妊カウンセラーの石川珠美です

 

 

不妊相談をしていると

「頭痛がある」「生理痛がある」

という人によく出会います。

とりあえずは、”鎮痛剤”を飲んでしのいでいるのですが、

本人も決してそれが良いとはおもってはいないことが多いのです

 

 

 

この痛みを「止める」という発想が漢方には少ないです

基本的には、「血流をよくする」か「その部位の栄養不良」で痛みが起きていると考えるので

たいがい、血流よくするものをとったりします

ところが、せっかく血流をよくしたとしても

血液の量が足りない体質

いわゆる「血虚」だとすると

あまり体感もしないし、改善もされない事があります。

例えるなら、ちょろちょろと流れる小川の流れをよくするのと

川幅の広い大河の流れをよくするのでは、物理的に水量が違うので、結果も大きく違ってくるという事です

血虚を改善する「補血薬」という分類の漢方で血が補われれば

川と同じように血流も良くなります。

 

不妊の相談をしていると、「血虚」の方に良く出会います

だから、血流が悪いので、いろいろな「痛み」を抱えています。

しかも、それが原因で冷えていたりします。

 

 

血が補われてくると

頭痛がなくなる方も多いんです

もちろん生理痛もです。

ぜひ、自分の身体ときちんと向き合ってみませんか

 

mailmaga_top




メールアドレス



qrとちの木薬局のメール会員登録はこちらから!
身体と心の健康に役立つ情報を配信中!
こちらのQRコードを読み取って空メールを送って頂くか、
total-tama@e-tamami.jp
に件名にお名前を入れて空メールを送るだけで
登録ができます♪


webで予約する


メールでのお問い合わせはこちら
tell_banner