今日もご訪問ありがとうございます(^-^)

 

不妊カウンセラーの石川珠美です

 

 

EMMA検査と言われている子宮内の細菌叢を見る検査をしてくる方が最近、時々いらっしゃいます。

いわゆる、腸内フローラではなく子宮内フローラのことです。

 

子宮内膜の細菌の環境が、妊娠する子宮になっているか、を検査するそうです。

先日いらした方も

「移植の時に乳酸菌を入れる、と言われたんですが・・・」

と心配そうに話していました。

ラクトバチルス属という乳酸菌類が、細菌が膣炎や性感染症、尿路感染症にならないように働いているといわれています。

だから、乳酸菌を入れても大丈夫!

なんですが、説明が少ないと心配ですよね~(^^;)

 

繰り返しARTを行っても、結果にでない場合、子宮内フローラを調べる病院もでてきていますね。

ラクトバチルス属が少ないと

子宮内が雑菌に繁殖して感染が続き

炎症が慢性的になり、

感染症のための免疫活動が活発になって、

受精卵を異物と攻撃してしまう可能性があるから、

だそうです。

 

一昔前は、菌と言えば除菌!

だったのですが、

今は、良い菌を補充し

良い菌で良い環境を作らせる

というように変わってきています。

 

 

膣内に乳酸菌を入れる、というのもその流れの考えのようです。

 

おかしなことではないので大丈夫ですよ~

 

 

 

《おススメセミナー》

電磁波と放射能の本当のお話しが聞けるおススメのセミナーはこちら!

3/9(土) 電磁波&放射能の真実in東京・ヘルシネル塾・第3弾~池田整治先生

https://wp.me/p72QLL-1Ra

mailmaga_top




メールアドレス



qrとちの木薬局のメール会員登録はこちらから!
身体と心の健康に役立つ情報を配信中!
こちらのQRコードを読み取って空メールを送って頂くか、
total-tama@e-tamami.jp
に件名にお名前を入れて空メールを送るだけで
登録ができます♪


webで予約する


メールでのお問い合わせはこちら
tell_banner