今日もご訪問ありがとうございます(^-^)

 

不妊治療に通っている人は、今の病院でうまくいかないと「やっぱり自分のせい」と思ってしまいます。

ですが、病院によって不妊治療のアプローチは違います

続けて採卵、着床がダメな方は、違うやり方の病院を選んで、またチャレンジしてみると良いと思います

 

最初にお伝えしたいのは、

「不妊治療を病院でやる」という事は、ホルモン治療をする、という事です

ホルモンでの刺激の仕方が、病院によって違います

大きく分けると

・ホルモン剤を多く使う病院(ホルモン補充)

・ホルモン剤をできるだけ少なく使う病院(自然周期)

です

ホルモン剤を使うのが悪いわけではありませんが、ホルモン剤に身体が反応しやすくて、張れたり、吐き気がしたり、頭痛やだるさがきつくなる場合は、ホルモン剤を多く使う病院を選ばないほうが良いと思います。

 

 

こういう例もあります。

自然周期の病院に通い始めたけど

毎回、卵が育たなくて、見送りが続き、

「何か卵が育つためにできることはありませんか?」

と、苦しくなって病院で聞いたら、

「ありません」

とはっきり言われて、がっかりして来局した人もいました。

その方は、以前に行っていた病院で、ホルモン剤を出されたときに、「そんなに具合悪くはならなかった」と言っていたので、

ばっちりホルモン補充をする病院に変えることをアドバイスして、漢方も飲みながら治療を始めたら採卵ができて

とんとん拍子にうまくいって、今では、お母さんになっています。

 

 

また、どうしてもホルモン剤を飲むと具合が悪くなる、という方は

自然周期の病院で、粘って、採卵ができた卵が、待望の赤ちゃんとしてやってきた方もいます

 

 

だから、どの病院が良いか?と思ったら

「ホルモン剤に自分の身体がどう反応するのか?」

は、一つのポイントです

具合が悪くては、赤ちゃんが来るわけがないので、自分の身体が拒否しているなら、飲まないほうが良いです

もし、本当に初めてで、高齢出産を考えているなら

自然周期の病院から試したほうが良いと思いますよ。

 

ここまでは、採卵までの話しですが、

移植に関しても

初期杯で戻すのか?胚盤胞で戻すのか?

病院によって見解も違います。

卵が取れる方で、何回も着床しない方は、今は「ERA検査」をやっている病院を選ぶのも良いと思います。

漢方を勉強した私からみると、血流が悪くて冷えている方は、基本的に着床しにくいので

「補血」すると良いと思います(^-^)

ホルモン剤では、補えない部分が、漢方で補えます(^-^)

あ、やっぱり漢方で〆てしまった(笑)

 

mailmaga_top




メールアドレス



qrとちの木薬局のメール会員登録はこちらから!
身体と心の健康に役立つ情報を配信中!
こちらのQRコードを読み取って空メールを送って頂くか、
total-tama@e-tamami.jp
に件名にお名前を入れて空メールを送るだけで
登録ができます♪


webで予約する


メールでのお問い合わせはこちら
tell_banner