今日も、ご訪問ありがとうございます(*^_^*)

ガンの方が、断食をすると良くなるという話しは、以前から聞いていました

例えば

「世にも美しいガンの治し方」などを見ても…

http://murakiterumi.com/cancer

でも、なぜそうなるのか?は、わかっていませんでした
先日「STAP細胞の正体」船瀬俊介著を読んだら、その謎が少し溶けました

  

私が勉強してきたのも、「細胞は細胞分裂のみで生じる」という理論でした

だから、この本を読んでいて頭が混乱する所もあります

でも事実、断食して治るという事は、この千島・森下学説のほうの説明が納得出来ます

以下、引用させて頂きます

↓  ↓  ↓
ガンを治すためには、体を異化作用に傾けて、体を軽い断食の状態に置いて、体の新陳代謝を同化作用ではなく、(体細胞を血球細胞に戻す)異化作用に持って行くことが必須」どんな病人であっても、体は赤血球もリンパ球も必要としている訳です。ガン細胞が赤血球とリンパ球に逆戻りしてくれれば、ガン細胞は消えてしまう。当たり前の話です
森下自然医学2015年1月

森下博士は、汚れた血球は汚れた体細胞ガン細胞に変化するのも当然

以上↑  ↑  ↑

血球(赤血球・白血球)は万能細胞であると断定しています

今までタブーとされてきた理論ですが、これだけ精神疾患で投薬量が多かったり、ガン治療を盲目的に受けていても、良くならないのが現実なので、原点に立ち返る時期に来ているのだと思います
興味を持たれた方は、ぜひ読んでみてはいかがてしょうか?

mailmaga_top




メールアドレス



qrとちの木薬局のメール会員登録はこちらから!
身体と心の健康に役立つ情報を配信中!
こちらのQRコードを読み取って空メールを送って頂くか、
total-tama@e-tamami.jp
に件名にお名前を入れて空メールを送るだけで
登録ができます♪


webで予約する


メールでのお問い合わせはこちら
tell_banner