自然妊娠や不妊治療、漢方の相談なら八王子市にある石川珠美のとちの木薬局へ
不妊と年齢の関係

不妊と年齢の関係

不妊と年齢の関係

女性の年齢と妊娠について

最近では少子化が叫ばれていますが、結婚年齢の上昇に伴い、
出産の平均年齢も上昇しています。
30代の女性の出産も増えています。
一昔前まで高齢出産というのは30歳以上でしたが、
今では35歳以上での出産を高齢出産と呼んでいます。
女性の体の仕組みを考えると、20代が一番妊娠・出産に適しており、
年齢が上がるほど妊娠しづらくなっていきます。
実際は、不妊治療に来院する平均年齢も上がってきて
34~35歳に集中しています。
晩婚化によって出産年齢も上がり、子どもを望む人が、
年齢による危機感をもっていないということが、よくわかります。

女性の年齢と卵子の関係

男性の精子は常に新しく作られていますが、
卵子は女性として生まれた時からすべて存在し、
減っていくことはあっても、新しく作られることはありません。
しかも、生まれた時に備わっていた200万個の卵子は、
初潮を迎えるころには、すでに10%の20万個まで減ってしまいます。
そこからさらに減り続け、35歳を超えると急激に減り、
40歳までには初めの1%である約2万個になってしまいます。
そして、閉経すると完全になくなってしまうのです。
しかも、量が減るだけでなく、女性の老化とともに、
卵子も老化していき、卵子の質も低下していきます。
そして、年齢が上がると女性ホルモンも衰え、
子宮や卵巣も老化するので不妊が増えていくのです。

不妊と年齢の関係

仕事や収入・生活などの条件面で女性の結婚が28歳を超えています。
そこから、夫婦二人の時間を楽しんでから子どもを作ろうと
考えている人が多いようです。
そうすると、30歳以降に妊娠・初産を希望する女性が多くなり、
妊娠しづらくなるというパターンになっていきます。
女性の身体の妊娠適齢期と、
妊娠希望年齢とのギャップが不妊と深く関係しているのです。

 

無料相談の申し込みはこちらから
 
メールでのお問い合わせはこちら
 
tell_banner

無料相談の申し込みはこちらから
 
メールでのお問い合わせはこちら
 
tell_banner

営業時間外の予約
たまブログ  
お問い合わせ  
qrcord   子宝部門受賞   漢方・相談薬局部門受賞  
たんぽぽ茶ショウキT-1 情報サイト
PAGETOP